FC2ブログ

29年度の合宿を実施しました

 8月に入り、日毎に暑さが増す今日この頃ですが皆様如何お過ごしでしょうか。平成28年度卒の有馬です。



 今年度も須走にて、先月25日から28日の4日間にわたって合宿が行われました。
 
 私は都合により後半2日間のみの参加となってしまったため、今年度の合宿につきましては私の参加した分をまとめて報告する形とさせて頂きます。


 今年度の合宿は“基本をしっかりと身に付ける”というテーマのもと足捌きや基本打ちの稽古に重点が置かれ、例年の(私の経験した内で)応用を中心に稽古する内容と比べると異色のものとなりました。
 現役たちが自分たちの課題としっかり正面から向き合った末の、彼らなりの良い目標だったと思います。

 今年度は日程が例年より一日短い上、実技指導して下さる顧問の先生がいらっしゃらないという、厳しい条件下での合宿となりました。
 しかし、現役たちは部長七尾を中心に上記のような目標を設定した上で、短い時間の中できちんと自分たちの“今やるべきこと”を意識し、集中して稽古に取り組んでいました。それ故それぞれで収穫のある合宿にすることができたのではないかと思います。
 そして今年度もたくさんの先輩方が参加して下さったのと同時に、全日通して前顧問の佐藤先生が稽古をつけて下さりました。先生、先輩方が“壁”となって下さったお陰で、現役たちは普段見ることのない“壁”を乗り越え、一段成長することができたことと思います。

 そんな今年度の合宿中、私にとって一番印象的だったのが4日目最終日のまとめ、試合稽古でした。
 6月の土曜稽古会で彼らを見たのが私の中では最後でしたが、その際はそれまで試合続きだったせいか試合慣れしてきているようだったものの、その分基本の部分がおざなりになっていたように感じられました。
 しかし、最後の試合稽古では今合宿中で基本打ちを徹底して稽古してきた成果か、皆一本になる打ちがそれまでに得ていた試合慣れと組み合わさり、剣道の“技”らしいもの(?)になってきていたように思えました。そして何より、全員が2試合以上試合したのにも関わらず、両者得本数0の引き分けとなる試合がほとんどなかったことには驚きました。各々が思い切った打ちを出して勝負しにいったからこその結果でしょう。素晴らしい‼とても面白い試合内容でした。

 怪我人、病人を出すことなく皆元気に合宿は終わりましたが(これも素晴らしい!)、七尾の言っていたように合宿が到達点ではありません。あくまで通過点です。現役たちには是非この合宿で“体感”したものを今後学校での稽古で“体得”して、秋に向けてさらに大きく成長して欲しいと思います。


 最後になりましたが、お忙しい中今合宿の運営を援助し、また参加して稽古を付けて下さった先生、先輩方、そして主役の現役たち、有難うございました。OBという立場での初めての合宿参加、とても良い経験となりました。
 この場をお借りして心より御礼申し上げます。



 今月の土曜稽古会は19日、9時開始となっております。

 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


 29年度合宿参加者
 佐藤先生、竹内会長(S36)、佐々木先輩(S57)、岩渕先輩(H10)、川邊先輩(H14)、陣野先輩(H19)、高瀬先輩(H24)、吉田先輩(H26)、田川先輩(H26)、武島先輩(H27)、川越先輩(H27)、有馬(H28)
                         
                                                               平成28年度卒  有馬悠弥


以下合宿中の様子

稽古中
29年度合宿_稽古中1
29年度合宿_稽古中2
29年度合宿_稽古中3
29年度合宿_稽古中4

一時間打ち込み稽古 (before/after)
29年度合宿_1時間掛り稽古・前
29年度合宿_一時間掛り稽古・後

一芸大会
29年度合宿_一芸大会1
29年度合宿_一芸大会2
29年度合宿_一芸大会3
29年度合宿_一芸大会4
29年度合宿_一芸大会5

4日目の試合稽古
29年度合宿_4日目試合稽古

記念撮影
29年度合宿_記念撮影1
中学3年生に高校のゼッケンが贈呈されました
29年度合宿_記念撮影2
29年度合宿_記念撮影3
29年度合宿_記念撮影4
29年度合宿_記念撮影5
29年度合宿_記念撮影6
29年度合宿_記念撮影7

帰途のバス車内にて
29年度合宿_爆睡



カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -